切手買取業者比較ランキング

切手買取大作戦 | 高額査定の切手買取業者教えます

【切手買取相場】文化人シリーズ

このページでは、プレミア価値の高い切手、「文化人シリーズ」の評価額と買取相場について確認していただけます。

 

文化人シリーズは1949年の文化の日から発行された特殊切手です。日本を代表する18人の文化人が切手の図柄として採用されました。

 

18種類と比較的集めやすい文化人シリーズは、当時のコレクターならコンプリートしている方も多いかもしれません。

 

遺品整理などで文化人シリーズを発見した場合は、その価値を確かめた上で査定に出してみましょう。

 

【切手買取大作戦】オヤジが残した12,000枚を超える切手を発見した僕。もっとも高く買い取ってくれる業者を探すため、実際に切手買取業者を利用してみました。その結末やいかに!?

 

第一話 父の遺品整理で大量の切手を発見

 

 

文化人シリーズ買取相場

※評価額とは、切手の価値。購入する際の価格。

※買取相場については、評価額のおおむね1%~10%が目安。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「野口英世」
発行  1949年11月3日
額面  8円
発行枚数  3,000万枚
評価額 単片 第1種版 1,800円

第2種版 22,000円

シート 第1種版 40,000円

第2種版 500,000円

買取相場 単片 第1種版 20円~180円

第2種版 4,000円

シート 第1種版 40円~400円

第2種版 50,000円

 概要 文化人シリーズとして最初に発行されたのは「野口英世」です。知らない人はいない有名な医学者ですよね。

野口英世の切手には第1種版と第2種版の2種類があり、第2種版のほうが圧倒的に価値は高いです。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「福沢諭吉」
発行  1950年2月3日
額面  8円
発行枚数  3,000万枚
評価額 単片  800円
シート  18,000円
買取相場 単片  10円~80円
シート  1,800円
 概要 翌年の図柄に採用されたのは「福沢諭吉」です。慶応義塾(けいおうぎじゅく)の創始者にして、教育者としても素晴らしい功績を残した学者です。

こちらも額面以上のプレミア価値がつくため、ぜひ査定してもらいましょう。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「夏目漱石」
発行  1950年4月10日
額面  8円
発行枚数  3,000万枚
評価額 単片  800円
シート  18,000円
買取相場 単片  10円~80円
シート  1,800円
 概要 「吾輩は猫である」で有名な「夏目漱石」も切手になりました。

小説家のイメージが強いですが、東京大学で英文学も講じていました。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「坪内逍遥」
発行  1950年5月23日
額面  8円
発行枚数  3,000万枚
評価額 単片  600円
シート  15,000円
買取相場 単片  10円~60円
シート  1,500円
 コ概要 小説家であり翻訳家でもあった「坪内逍遥」

シェイクスピア全集を翻訳した、明治時代の文化人です。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「市川団十郎」
発行  1950年9月13日
額面  8円
発行枚数  1,000万枚
評価額 単片  2,000円
シート  45,000円
買取相場 単片  20円~200円
シート  4,500円
概要 芸能界から唯一文化人シリーズに選ばれたのが、歌舞伎役者の「市川団十郎」です。

比較的買取相場の高いプレミア切手であり、シートでお持ちであれば高額査定が期待できます。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「新島襄」
発行  1950年11月22日
額面  8円
発行枚数  1,000万枚
評価額 単片  600円
シート  15,000円
買取相場 単片  10円~60円
シート  1,500円
 概要 明治六大教育家の1人に数えられている「新島襄」の切手。

宗教家であり教育者。同志社大学を興した人物としても有名です。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「狩野芳崖」
発行  1951年2月27日
額面  8円
発行枚数  1,000万枚
評価額 単片  1,800円
シート  40,000円
買取相場 単片  20円~200円
シート  4,000円
 概要 近代日本画の父といわれる「狩野芳崖」

幕末から明治時代に活躍していた画家です。

買取相場は高めの200円程度です。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「内村鑑三」
発行  1951年3月23日
額面  8円
発行枚数  1,000万枚
評価額 単片  1,700円
シート  40,000円
買取相場 単片  20円~150円
シート  4,000円
 概要 日本独自の無教会主義を唱えた宗教家「内村鑑三」の切手。

こちらも比較的高い査定が期待できます。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「樋口一葉」
発行  1951年4月10日
額面  8円
発行枚数  1,000万枚
評価額 単片  3,000円
シート  75,000円
買取相場 単片  30円~300円
シート  7,500円
 概要 女流作家の「樋口一葉」も切手の図柄に採用されています。

単片でも300円と高い価値があるため、取り扱いには注意したいですね。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「森鴎外」
発行  1951年7月9日
額面  8円
発行枚数  1,000万枚
評価額 単片  4,000円
シート  100,000円
買取相場 単片  40円~400円
シート  10,000円
 概要 非常に高い価値をもつ「森鴎外」の切手。

単片でも400円と高額であり、シートであれば10,000円の査定がつく可能性もあります。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「正岡子規」
発行  1951年9月19日
額面  8円
発行枚数  1,000万枚
評価額 単片  2,800円
シート  70,000円
買取相場 単片  30円~280円円
シート  7,000円
 概要 俳句、短歌、小説など多方面で活躍した明治時代の俳人「正岡子規」の切手。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「菱田春草」
発行  1951年9月21日
額面  8円
発行枚数  1,000万枚
評価額 単片  2,500円
シート  60,000円
買取相場 単片  20円~250円
シート  6,000円
 概要 正岡子規の発行からわずか二日で発行されたのが「菱田春草」の切手です。

大変人気のある日本画家であり、その作品は重要文化財にも多く指定されています。代表作は「落ち葉」「黒き猫」など。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「西周」
発行  1952年1月31日
額面  10円
発行枚数  1,000万枚
評価額 単片  11,000円
シート  250,000円
買取相場 単片  100円~1,100円
シート  25,000円
 概要 1952年発行のの「西周」から額面が10円になりました。

また、文化人シリーズで最も高い価値を持つ切手でもあります。

美品であれば単片1,000円、シート25,000円と十分な臨時収入が見込めます。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「梅謙次郎」
発行  1952年8月25日
額面  10円
発行枚数  1,000万枚
評価額 単片  1,600円
シート  38,000円
買取相場 単片  20円~160円
シート  3,800円
 概要 法律家「梅謙次郎」の切手。

民法の父と言われ、現民法と商法の基礎を築いた文化人。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「木村栄」
発行  1952年9月26日
額面  10円
発行枚数  1,000万枚
評価額 単片  700円
シート  15,000円
買取相場 単片  10円~70円
シート  1,500円
 概要 天文学者である「木村栄」の切手。

文化人シリーズでは比較的価値は低く、美品でも70円程度にとどまります。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「新渡戸稲造」
発行  1952年10月16日
額面  10円
発行枚数  1,000万枚
評価額 単片  1,000円
シート  22,000円
買取相場 単片  10円~100円
シート  2,200円
 概要 旧5千円札で有名な「新渡戸稲造」は切手の肖像にも採用されています。

英語で書かれた「武士道」は長年読み続けられている名著。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「寺田寅彦」
発行  1952年11月3日
額面  10円
発行枚数  1,000万枚
評価額 単片  900円
シート  20,000円
買取相場 単片  10円~90円
シート  2,000円
 概要 物理学者「寺田寅彦」の切手。

夏目漱石の門下生でもあり、随筆や俳句などでも活躍した人物。

 

 

 

名称  文化人シリーズ「岡倉天心」
発行  1952年11月3日
額面  10円
発行枚数  1,000万枚
評価額 単片  900円
シート  20,000円
買取相場 単片  10円~90円
シート  2,000円
 概要 文化人シリーズの最後を飾るのが、画家の「岡倉天心」

日本美術に貢献した文化人。

 

文化人シリーズ切手を最も高く買い取ってくれる業者、教えます。

 

おすすめの切手買取業者ランキング

 

 

【切手買取大作戦】オヤジが残した12,000枚を超える切手を発見した僕。もっとも高く買い取ってくれる業者を探すため、実際に切手買取業者を利用してみました。その結末やいかに!?

 

第一話 父の遺品整理で大量の切手を発見

 

買取相場

この記事に関連する記事一覧