切手買取業者比較ランキング

切手買取大作戦 | 高額査定の切手買取業者教えます

【切手買取相場】航空切手

とっても地味な見た目をしている「航空切手」をご存知ですか? その名の通り、航空郵便に使われていた切手のことになります。

 

使われていた、と書いていますが、今現在航空切手は発行されていません。1961年の速達郵便制度の改革により航空切手は廃止されたからです。

 

新しく入手することができない航空切手にはプレミアがついています。特に発行枚数の少ない、初期の航空切手はお宝です。

 

もしお持ちであれば、ぜひ査定に出してみることをおすすめします。

 

 

【切手買取大作戦】オヤジが残した12,000枚を超える切手を発見した僕。もっとも高く買い取ってくれる業者を探すため、実際に切手買取業者を利用してみました。その結末やいかに!?

 

第一話 父の遺品整理で大量の切手を発見

 

 

航空切手買取相場

※評価額とは、切手の価値。購入する際の価格。

※買取相場については、評価額のおおむね1%~10%が目安。

 

 

 

名称  航空切手「芦ノ湖航空」
発行  1929年~1934年
額面  8銭5厘、9銭5厘、16銭5厘、18銭、33銭
発行枚数  30万枚~500万枚
評価額 単片  14,000円、4,500円、4,000円、5,500円、12,000円
シート  -
買取相場 単片  40円~1,400円
シート  -
 概要 最初期の航空切手。芦ノ湖を背景に航空機が飛んでいる図柄が採用されています。

発行枚数は少なくレアな切手といえます。買取価格も比較的高く、状態がよければ1枚1,000円以上も期待できます。

 

 

 

名称  航空切手「きじ航空」
発行  1950年1月10日
額面  16円、34円、59円、103円、144円
発行枚数  50万枚~100万枚
評価額 単片  7,000円、10,000円、17,000円、12,000円、14,000円
シート  -
買取相場 単片  70円~1700円
シート  -
 概要 なぜか「きじ」が描かれた航空切手。

航空切手の中でも屈指の人気切手であり、買取相場も高めに設定されています。

 

 

 

名称  航空切手「銭単位五重塔航空」
発行  1951年
額面  15円、20円、25円、30円、40円
発行枚数  300万枚~2,000万枚
評価額 単片  900円、6,500円、7,500円、6,000円、1,700円
シート  -
買取相場 単片  9円~750円
シート  -
 概要 五重塔を背景に航空機が飛んでいる姿が描かれた航空切手。

銭単位で表記されており、こちらもプレミア価値は比較的高めです。

 

 

 

名称  航空切手「円単位五重塔航空」
発行  1952年~1962年
額面  15円、20円、25円、30円、40円
発行枚数  -
評価額 単片  15円、300円、25円、150円、40円
シート  -
買取相場 単片  額面ベース
シート  -
 コ概要 円表記された五重塔。

銭単位と比べてぐっと価値は下がり、額面ベースでの買い取りになります。

 

 

 

名称  航空切手「円単位立山航空」
発行  1952年7月1日
額面  55円、75円、80円、85円、125円、160円
発行枚数  -
評価額 単片  16,000円、30,000円、22,000円、1,000円、2,500円、8,000円
シート  -
買取相場 単片  10円~5,000円
シート  -
概要 立山航空切手は非常に価値の高い切手です。

6種すべてそろった状態では、販売価格で7万円を超えることもあります。

買取価格も高額査定が期待できます。

 

 

 

名称  航空切手「大仏航空」
発行  1953年8月15日
額面  70円、80円、115円、145円
発行枚数  -
評価額 単片  70円、500円、115円、500円
シート  -
買取相場 単片  額面ベース
シート  -
 概要 大仏を背景にした航空切手。

航空機よりも大仏のほうが目立ちます。

プレミア的な価値はなく、買取価格も額面ベースとなります。

 

 

 

名称  航空切手「コイル五重塔」
発行  1961年10月2日
額面  30円
発行枚数  15万枚
評価額 単片  8,000円
シート  -
買取相場 単片  80~800円
シート  -
 概要 両端に目打ちがなく、ロール状に巻かれるタイプの切手。

一般的に認知度が低く、所有している人が少ないため、そこそこの買取価格が見込める切手です。

 

航空切手を最も高く買い取ってくれる業者、教えます。

 

おすすめの切手買取業者ランキング

 

 

【切手買取大作戦】オヤジが残した12,000枚を超える切手を発見した僕。もっとも高く買い取ってくれる業者を探すため、実際に切手買取業者を利用してみました。その結末やいかに!?

 

第一話 父の遺品整理で大量の切手を発見

 

買取相場

この記事に関連する記事一覧