切手買取業者比較ランキング

切手買取大作戦 | 高額査定の切手買取業者教えます

切手といっしょに古銭が出てきた。これって売れるの?

 

今回親父の遺品整理をする際に、切手といっしょにどうしても探しだしたいものがありました。

 

それは「古銭」です。古銭とは、その名の通り昔のお金のことです。

 

親父が幼い僕に自慢の切手コレクションを披露するとき、いっしょに古銭コレクションも見せてもらっていました。

 

  • 銭形平次が投げる寛永通宝
  • 直径5cmはある穴開きの古銭
  • 四角の古銭
  • 昔の圓(えん)でかかれた古銭
  • 見たこともないお札
  • 外国の古銭
  • さまざまな記念コイン

 

などなど、子供ながらに胸を躍らせていた記憶があります。しかし残念ながら、これらの古銭は見つかりませんでした。

 

今回切手買取業者を利用しましたが、その業者の話によると「切手収集している方は、古銭も集めている人が多い」という話を聞きました。

 

僕の感覚からするととても珍しいものに見えましたが、もしかすると同じように切手といっしょに古銭もお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。

 

そこでこのページでは、切手といっしょに出てきた古銭はどのようにすれば良いのかについてお話していきます。

 

不要であれば売る

古銭は売ることができます。

 

買取業者の話によると、「実は切手の次に問い合わせが多い」らしく、レアな古銭や記念コインは驚くほど高額で買い取りが可能なのだそうです。

 

ただし、実際のところほとんど値段がつかないものも多いようです。要は、僕たち素人からすると珍しいものでも、市場には大量に出回っている古銭もあるんですね。

 

さらに買取業者の話によると、古銭も切手と同じく価値が下がってきているのだそうです。古銭を収集する人口が減ってきており、「珍しい古銭でもなかなか買い手がつかない」と苦笑いしていました。

 

どうしても素人の僕らは古銭の価値を推し量ることができません。なので、古銭をお持ちの方は、今後収集する予定がなければ一度査定に出してみることをおすすめします。

 

切手の買取をしている業者は、100%古銭の買取にも対応しています。ぜひみてもらうようにしましょう。実はとんでもないお宝が眠っているかもしれませんよ!?

 

高く売れる古銭

 

では、高く買い取ってくれる古銭とはどのようなものでしょうか? 高価買取可能な古銭について買取業者から聞くことができたのでお話したいと思います。

 

業者いわく、特に欲しいのは「大判・小判」だそうです。

 

滅多に出ないお宝な上、素材も金であるため高価買取(珍しいものは100万円以上)が可能です。特に珍しい「天保大判・小判金」「慶長大判・小判金」などは喉から手が出るほど買い取りたいとのこと。

 

そこまでいかなくても、

 

  • 明治時代、大正時代の近代貨幣・プレミア硬貨
  • 記念硬貨・プレミア貨幣・プルーフセット
  • 古金銀・丁銀・豆板銀
  • 穴銭・皇朝銭・皇朝十二文銭・絵銭
  • 在外貨幣・朝鮮貨幣
  • 試鋳貨幣・不発行貨幣
  • 藩札・幕府札・政府札・府県札・為替座紙幣・会社紙幣
  • 古いお札・近代紙幣
  • 軍用手票
  • 在来銀行券・在外紙幣
  • 記念メダル・記念コイン
  • 海外金貨・外国プレミア硬貨

 

なども1枚1,000円~100万円で買い取ってくれます。

 

なので、切手といっしょに古銭を見つけた方や、古銭の収集をやめた方は一度査定してもらうようにしましょう。

 

古銭の正しい保管方法

珍しいので子供に見せたい方や、古銭収集をやってみたい方は、正しく保管することで古銭の価値を長持ちさせることができます。

 

コインホルダーに保管

古銭を収集するなら、コインホルダーを使うといいようです。これならコイン同士がぶつかって、欠けたり擦れたりする心配がありません。

 

コインホルダーは、コインの形状にあせたものが販売されています。お持ちのコインの形状や枚数に応じて購入すると良いでしょう。

 

古銭は洗わない

古銭は洗ってはいけません。研磨したり、薬剤で洗ってしまうと価値が下がるからです。

 

例えば、研磨で欠けたり、洗浄で変色してしまう可能性があるとのこと。業者のお話によると、「そのままの状態で見せて欲しい」とのことでした。

 

古いものはどうしても劣化してしまいますからね。もちろん、個人で楽しむ分には問題ありません。先々で売却を考えているなら余計なことはせず、査定に出してみるのが一番いい方法のようです。

 

まとめ

僕の場合、古銭が出てこなかったので少し残念でした。

 

しかし、もし手元にお持ちであったり、遺品整理で古銭を発見した場合は、ぜひ査定に出してみてください。驚きの査定額に変な声が出るかもしれませんよ(笑)。

 

古銭の買取にも対応している切手買取業者はこちら

 

コラム

この記事に関連する記事一覧